ページタイトル
山城 哲 Tetsu Yamashiro 教授
 研究テーマ  東南アジアにおける下痢症の疫学研究

コレラ菌の病原領域における遺伝子解析

略歴 2016年4月 琉球大学大学院医学研究科細菌学講座・教授 (現職)

2012年4月 長崎大学医歯薬学総合研究科新興感染症病態制御学系専攻熱帯微生物学分野・教授(博士課程)

2010年7月 長崎大学熱帯医学研究所・教授、長崎大学熱帯医学研究所・ベトナム拠点長

2005年12月 長崎大学国際連携研究戦略本部・教授(有期)

2000年7月 大分医科大学微生物学講座・助教授

1998年7月 米国NIH (Molecular Viral Biology, LID, NIAID)(visiting associate)

1996年10月 JICAラオス公衆衛生プロジェクトへ派遣・専門家

1994年11月 JICAドミニカ共和国消化器疾患プロジェクトへ派遣・専門家

1992年4月 琉球大学医学部地域医療研究センター・助手(2000年7月まで)

1992年3月 琉球大学大学院医学研究科修了

1988年3月 琉球大学医学部医学科卒業

 所属学会  熱帯医学会(評議委員)

細菌学会(評議委員)

日米コレラ会議(パネルメンバー)

ウイルス学会

最近の業績 Fujimoto Y, Tomioka Y, Takakuwa H, Uechi G-I,  Yabuta T, Ozaki K, Suyama H, Yamamoto S, Morimatsu M, Le QM,  Yamashiro T, Ito T, Otsuki K, and Ono E. Cross-protective potential of anti-nucleoprotein human monoclonal antibodies against lethal influenza A virus infection. Journal of General Virology, 2016.

Do LP, Doan YH, Nakagomi T, M Kaneko M, Gauchan P, Ngo CT, Nguyen MB, Yamashiro T, Dang AD, Nakagomi O. Molecular characterisation of wild-type G1P[8] and G3P[8] rotaviruses isolated in Vietnam 2008 during a vaccine trial. Archives of virology. 1-18, 2015.

Nguyen VH, Pham HT, Diep TT, Phan CDH, Nguyen TQ, Nguyen NTN, Ngo TC, Nguyen TV., Do QK, Phan HC, Nguyen BM, Ehara M, Ohnishi M, Yamashiro T, Nguyen LTP, Izumiya H.  Vibrio cholerae O1 El Tor from southern Vietnam in 2010 was molecularly distinct from that present from 1999 to 2004. Epidemiology and Infection. 2015. Manuscript ID: HYG-OM-5436-Jan-14.R7

Diep TT, Nguyen NTN, Nguyen TNC, An HK, Nguyen TQ, Nguyen VH, Nguyen TV, Nguyen TNA, Izumiya H, Ohnishi M, Yamashiro T*, Nguyen LTP.  Isolation of New Delhi metallo-b-lactamase 1 (NDM-1)-producing Vibrio cholerae non-O1, non-O139 strain carrying the ctxA, the st, and the hly genes in southern Vietnam. Microbiol. Immunol. 59: 262-267. 2015.(corresponding author)

Watanabe Y, Ito T, Madiha SI, Arai Y, Hotta K, Vu HMP, Nguyen LKH, Le QM, Soda K, Yamaoka M, Poetranto ED, Wulandari L, Hiramatsu H, Daidoji T, Kubota-Koketsu R, Sriwilaijaroen N, Nakaya T, Okuno Y, Takahashi T, Suzuki T, Ito T, Hotta H, Yamashiro T, Hayashi T, Morita K, Ikuta K, Suzuki Y.  A novel immuochromatographic system for easy-to-use detection of group 1 avian influenza viruses with acquired human-type receptor binding specificity. Biosensors and Bioelectronics. 65: 211-219. 2015.

Trang NV, Choisy M, Nakagomi T, Chinh NTM, Doan Y.H, Yamashiro T, Bryant JE, Nakagomi O, Anh DD.  Determination of cut-off cycle threshold values in routine RT–PCR assays to assist differential diagnosis of norovirus in children hospitalized for acute gastroenteritis. Epidemiol. Infect. doi:10.1017/S095026881500059X. (P1-8). 2015.

近年の取得研究資金  2016年度(単年)平成28年度 研究プロジェクト推進経費(戦略的研究推進経費)戦略プロジェクト「熱帯・亜熱帯感染症の病原性の解明および制御に関する研究」(研究実施責任者)

2016年度(2016-2019年度)科学研究費補助金基盤研究(A)(海外学術調査)「ベトナムにおける下痢症の研究」(研究代表者)

2015年度(2015-2019年度)感染症研究国際展開戦略プログラム(日本医療研究開発機構:AMED)

「ベトナムにおける感染症制御研究・開発プロジェクト」(研究分担者)

2913年度(2013-2015年度)科学研究費補助金基盤研究(B)(海外学術調査)「北部ベトナムにおけるコミュニティを基盤とした網羅的下痢症の疫学的研究」(研究代表者)

その他
ページトップへ
Copyright (C) 2017 琉球大学大学院 医学研究科 細菌学講座 All Rights Reserved.