ページタイトル
トーマ クラウディア Claudia Toma 准教授
研究テーマ 病原性レプトスピラの発症と持続感染のメカニズムの解明

動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワークに関する研究

略歴 2017年4月ー 准教授(現職)

2007年4月ー 琉球大学 大学院医学研究科 細菌学講座 助教

2000年7月ー 琉球大学 医学部 細菌学講座 助手

1999年3月  琉球大学大学院医学研究科博士課程修了

1994年4月ー 琉球大学医学部研究生

1993年5月ー アルゼンチン国立微生物研究所 研究員

1992年3月  ブエノスアイレス大学・薬学生化学部 卒業

所属学会   日本細菌学会、日本免疫学会
最近の業績
  • Satou K, Shimoji M, Tamotsu H, Juan A, Ashimine N, Shinzato M, Toma C, Nohara T, Shiroma A, Nakano K, Teruya K, Terabayashi Y, Ohki S, Koizumi N, Okano S, Suzuki T, Hirano T. Complete Genome Sequences of Low-Passage Virulent and High-Passage Avirulent Variants of Pathogenic Leptospira interrogans Serovar Manilae Strain UP-MMC-NIID, Originally Isolated from a Patient with Severe Leptospirosis, Determined Using PacBio Single-Molecule Real-Time Technology. (2015)Genome Announc 3: e00882-15, doi: 10.1128/genomeA.00882-15.
  • King AM, Pretre G, Bartpho T, Sermswan RW, Toma C, Suzuki T, Esghi A, Picardeau M,Adler B, Murray GL. (2014) High-temperature protein G is an essential virulence factor ofLeptospira interrogans. Infect Immun. 82: 1123-1131.
  • Toma C, Murray GL, Nohara T, Mizuyama M, Koizumi N, Adler B, Suzuki T. (2014)Leptospiral outer membrane protein LMB216 is involved in enhancement of phagocytic uptakeby macrophages. Cell Microbiol. 16: 1366-1377
  • Higa N, Toma C, Nohara T, Nakasone N, Takaesu G, Suzuki T. (2013) Lose the battle to win the war: bacterial strategies for evading host inflammasome activation. Trends Microbiol. 21: 342-349.
  • Higa N, Toma C, Koizumi Y, Nohara T, Masumoto J, Kodama T, Iida T, Suzuki T. (2013) Vibrio parahaemolyticus effector proteins suppress inflammasome activation by interfering with host autophagy signaling. PLoS Pathog. 9: e1003142.
  • Koizumi Y, Toma C, Higa N, Nohara T, Nakasone N, Suzuki T. (2012) Inflammasome activation via intracellular NLRs triggered by bacterial infection. Cell Microbiol 14: 149-154.
  • Toma C, Okura N, Takayama C, Suzuki T. (2011) Characteristic features of intracellularpathogenic Leptospira in infected murine macrophages. Cell Microbiol 13: 1783-1792.
近年の取得

研究資金

  • 平成27年-28年  沖縄感染症研究拠点形成促進プロジェクト「動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究」(分担者)
  • 平成27年-29年  科学研究費補助金 基盤研究(C)「病原性レプトスピラによる上皮細胞感染戦略」 (代表者)
  • 平成26年度 公益信託宇流麻学術研究助成基金「病原性レプトスピラの外膜タンパクLMB216の構造機能解析」(代表者)
  • 平成25年度 財団法人琉球大学後援財団「女性研究者による研究への支援」病原性レプトスピラの持続感染における外膜タンパクの役割 (代表者)
  • 平成24年-26年  科学研究費補助金 基盤研究(C)「病原性レプトスピラの宿主細胞への侵入機構」 (代表者)
  • 平成24年 武田科学振興財団「医学系研究奨励(感染症)」「病原性レプトスピラの細胞内生存に関連する因子の同定と機能解析」 (代表者)
ページトップへ
Copyright (C) 2017 琉球大学大学院 医学研究科 細菌学講座 All Rights Reserved.